私はとある試験勉強に追われて、最近近所のカフェを利用して勉強していました。
自宅ではつい誘惑が多く、勉強をしようとしてもついつい家の中の漫画に手が伸びてしまうことや、
掃除などやらなくてはいけない事が目についてなかなか集中できないということがしょっちゅうです。
そのため、私は特に集中したいと思うときにはカフェで行っているのです。

カフェでは、眠気覚まし効果や集中力がアップするブラックコーヒーを注文します。
疲れた時には、ケーキなど甘いフードメニューを注文する事もあります。

いつものように、私はブラックコーヒーを注文して勉強していました。
すると、私は店員の女の子に「すみません」と声をかけられました。
私は「もしかして、いつも勉強しているのが迷惑だったのかな」という考えが頭をよぎり、少しおびえながら「はい」と返事をしました。
すると、店員の女の子が「いつも頑張っていますよね。新作の試食ですが、良ければどうぞ。」と
新作のバウムクーヘンを差し出してくれたのです。

店員さんの優しさとバウムクーヘンのおいしさにに心が温まり、わたしは勉強を頑張れました。